九州の日照時間の長さを利用した太陽光発電

屋根の上に太陽光発電設備を設置した事例。ある程度の照度があれば曇った日でも、発電してくれます。太陽光発電の設備が稼働可能ならば、災害時の強い味方になってくれます。現在は電力会社に売電していますが、蓄電池を導入すれば、昼間に蓄えた電気を夜も使用することが可能になります。

関連記事一覧